詳細検索
  • 調理方法
  • 食材
    野菜
    穀物・乾物・米
    その他
かつおのたたき

かつおのたたき

6分

カロリー:約171kcal

塩分:0.2g

材料:2人分

かつお(刺身用・厚さ4cm以上のもの)※ 1さく(250~300g)
適量
適量

薬味

にんにく(薄切り)、青ねぎ(小口切り)、しょうが(おろす)、みょうが(細切り)、かぼす 各適量

※サイズの小さなさく(厚さ約3cm)でもできます。焼き方は下記を参照。
※かつおの他、ヨコワ(またはメジともいう)などでもできます。

作り方

  1. 1 水タンクに水を入れる。(水位1以上)
  2. 2 かつおの表面に塩をふって、冷蔵室で約30分冷やす。
  3. 3 2の表面の水気をキッチンペーパーなどでよくふき取る。
  4. 4 調理網2枚を2段に重ね、中央にかつおをのせて上面に酒をふりかける。角皿を上段に入れる。 ※置き方については下記ポイントを参照。 クックブックメニュー → 検索 → クックブックから探す → あぶり焼き・焼き物・ノンフライ → すべてのメニュー → かつおのたたき→ スタート 手動でするときは:あぶり焼き・焼き色エリアスポットで約6分
  5. 5 加熱後、好みの厚さに切り、薬味を添える。 《厚さ3cmのさくの場合》 角皿を2枚重ねて使います(調理網も2段に重ねます)。重ねた角皿を上段に入れ、スタート後30秒以内に弱めを押します。魚の置き方は、下記ポイント参照。
  6. かつおのたたきのポイント

    ・魚の表面が庫内天面と平行になるようにアルミホイルを丸めたものを横に置いて固定すると、表面がきれいに焼けます。アルミホイルは、網に差し込むと安定します。

    ・魚は調理する直前まで冷蔵室に入れていたものをご使用ください。

    (横から見た写真)

    ・かつおは、腹側の身の薄い部分には火が通ります。また、加熱前に血合いをきれいに切り取ると、生臭さを感じにくくなります。

    ・魚の形状、厚み、初温などによって焼き色や焼き加減が変わります。焼き色が薄い場合は、お好みにより様子を見ながら加熱を延長してください。(延長すると中心まで火が通りやすくなりますので、ご注意ください)

    あぶりメニューのポイント

    ・魚のたたき、ビーフステーキは、表面をあぶり、食品の中心まで火を通さない加熱となります。食材は刺身用など生食可能な新鮮なものをご使用ください。

    ・調理網2枚を2段にして重ね、食材は調理網の中央寄りに寄せて並べます。メニューによっては調理網1枚で調理するメニューもあります。

    ・2枚重ねた調理網の間に食材をのせて、2段にして加熱することはできません。

    ・角皿にアルミホイルやクッキングシートなどを敷くと調理後のお手入れが楽です。

    ・食材の厚み、形状、初温によって焼き色や焼き加減が変わります。加熱終了後、すぐに取り出してください。また、裏面の焼き色が表面に比べて薄く焼き上がります。お好みにより裏返して様子を見ながら加熱を延長してください。

ヘルシオ レシピ TOPへ