詳細検索
  • 調理方法
  • 食材
    野菜
    穀物・乾物・米
    その他
さけフレークのライスコロッケ

さけフレークのライスコロッケ

13分

カロリー:約286kcal

塩分:約0.3g

材料:4人分

A

さけフレーク 60g
バター 小さじ4
こしょう 少々(0.2g)
パセリ(乾燥) 少々(0.2g)
あたたかいごはん 240g
クリームチーズ(8等分に切る) 18g

B

パン粉 40g
サラダ油 20g
薄力粉 適量(16g)
溶き卵 適量(40g)

*2人分も自動でできます。

作り方

  1. 1 こんがりパン粉を作る 《フライパンで作る場合》 [B]をフライパンに入れ、よく混ぜ合わせて火にかけ、混ぜながら全体をきつね色にする。このときの色がほぼ焼き上がりの色になります。 《レンジ加熱で作る場合》 耐熱容器(直径15㎝位の耐熱ガラス製または陶器製)に[B]の材料を入れてよく混ぜ合わせ、ラップをせずに庫内中央に置く。(角皿は入れません) レンジ → 600W・約40秒 →スタート 加熱後、混ぜてから「延長」を押して約30秒に合わせ、スタートを押す。全体にきつね色になるまで「延長」を押して約30秒加熱し、混ぜることを5~6回くり返す。 ポイント…加熱しすぎると急に黒くなるので、そばから離れずに様子を見ながら仕上げます。
  2. 2 ボールに[A]とごはんを入れて、よく混ぜ合わせる。
  3. 3 2を8等分にして、クリームチーズを真ん中に入れて丸める。
  4. 4 3に、薄力粉、溶き卵、1の順に衣をつける。角皿の中央に調理網1枚をのせて並べ、上段に入れる。 クックブックメニュー → 検索 → クックブックから探す → あぶり焼き・焼き物・ノンフライ → すべてのメニュー → とんかつ → 分量選択 → スタート
  5. おすすめポイント

    ●ごはんは炭水化物が主成分です。ライスコロッケにして、主菜のメイン食材として使用することで満腹感が得られるため、簡単にたんぱく質量を少なくすることができます。ヘルシオなら、揚げ油の準備の手間がいらず、簡単に作ることができます。

    ●さけフレークの代わりに、ちりめんじゃことせん切りの大葉を混ぜると、和風のライスコロッケになります。

    ●揚げずに作れるので、扱いにくいコロッケもカンタンに作れます。

    ●コロッケと一緒に野菜を角皿にのせておけば、手軽に副菜が作れます。

ヘルシオ レシピ TOPへ