シャープ株式会社
シャープ株式会社ホームへ戻る
ヘルシオレシピへ戻る
ヘルシオ
ヘルシオレシピ
文字を大きく
  • レシピ検索
ヘルシオレシピ » 旬のクッキング » 大根
旬のクッキング
検索
選び方

ずっしりと重みがあり、つややかで色が白く、ひげ根の少ないものを選びます。新鮮なものは、たたくと澄んだ音がします。


保存方法

保存するときは葉を切り離し、新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて置きます。



栄養と成分

根の部分にはビタミン類、ミネラル、食物繊維をはじめ消化を助ける分解酵素ジアスターゼが多量に含まれています。解毒作用があり、便通をよくする作用も。葉はビタミンCやカロチンなどを多く含む緑黄色野菜です。


調理のポイント

大根は部位によって使い分けるとおいしく食べられます。葉に近い部分は辛みが少ないので、おろし、サラダなど生のままで食べるのに適しています。 中央部は甘みがあるので煮物などに。先端の部分は辛みを生かして薬味にしたり。この辛みは加熱すると甘みに変わります。

豆知識

アブラナ科の1~2年草。別名をすずしろ
と言い、春の七草のひとつです。ヨーロッパや
中国でも広く栽培され、日本産だけでも100種類以上も。
市場に出回る品種は限られ、現在は青首大根が主流になっています。

■代表的な品種

青首【あおくび】
宮島大根の改良種で、地上に出る首の部分が緑色になるのが特徴。大きさも手頃で、辛みが少なく、煮くずれもしにくい。

練馬【ねりま】・宮重【みやしげ】
形の整った円筒形で、やわらかく甘みがある。たくあんに最適。

聖護院【しょうごいん】
京都が原産で、千枚漬けが有名。青首の大きな球形で、肉質がやわらかく甘みが強い。煮物にも最適。

桜島【さくらじま】
鹿児島県桜島特産。直径30~40cmの球形で世界最大。

守口【もりぐち】
大阪守口市が原産。現在は主に岐阜の長良川河畔で栽培されている細長い大根。標準で1.2m、長いもので2m近くあり、かす漬けなどに使われる。