シャープ株式会社
健康生活を応援する
ヘルシオレシピ » お料理特集 » 春野菜を味わう!
お料理特集 季節やイベントごとに料理の特集を掲載しています
※AX-XW300のキー名称で記載しています。
その他の機種を使用される場合は、ほうれん草やアスパラガスなど、青野菜をゆでる加熱方法を基準に、
菜の花は弱め(固め)、えんどう豆は強め(柔らかめ)で様子を見ながら加熱してください。

※ 付属品の種類、棚位置は、スタート画面に表示されますので、確認のうえ、加熱してください。

※★のついたメニューは、AX-XW300、XP200では、 お料理選択→検索→季節の食材→春 からでも加熱ができます。

花先と茎を交互にして調理網にのせる。加熱後、色止めのため、冷水に取って絞る。


お料理選択→検索→メニュー番号→55(蒸し青野菜)→スタート(30秒以内に「固め」を選ぶ)
[手動でするときは:蒸し物で約6分]

さやから出して金ザルに入れ、下味と豆を柔らかくするために塩少量をふってもみ込み、約10分おく。金ザルを調理網にのせて加熱する。


お料理選択→検索→メニュー番号→55(蒸し青野菜)→スタート(30秒以内に「柔らかめ」を選ぶ)
[手動でするときは:蒸し物で約10分]

調理網の長さに合わせて切り、塩適量をふって板ずり(まな板の上でこすりあわせる)をし、しばらく置いてから調理網に並べる。 加熱後、色止めのため、冷水にとり、皮をむく。


お料理選択→検索→メニュー番号→55(蒸し青野菜)→スタート
[手動でするときは:蒸し物で約8分]

さやから出し、加熱後薄皮がむきやすいよう少し皮をむいておく。金ザルに入れ、調理網にのせて加熱する。塩を多めにふってしばらくおいてから加熱すると、おつまみとしてすぐ食べることができます。


お料理選択→検索→メニュー番号→55(蒸し青野菜)→スタート
[手動でするときは:蒸し物で約8分]

ヘルシオでのあく抜きは、難しいため一般的な鍋を使った方法をご紹介します。

①皮つきのまま穂先を斜めに切り落とし、縦に1本包丁で切れ目を入れ、外皮を2~3枚はがす。

②大きめのなべにたけのこがかぶるくらいの水を入れ、米ぬか(米ぬかがなければ米のとぎ汁で代用)と赤唐辛子を加えて火にかけ、煮たったら落としぶたをして弱火で2時間ほどゆでる。竹串を刺してすっと通れば、ゆで上がり。

③柔らかくなれば、火を止めてそのままゆで汁の中で冷まし(およそ一晩)、完全に冷めたら洗って皮をむき、調理または保存する。
※冷ます間にえぐみがぬか汁に溶け出します。無理に急激に冷ますことはせず、ゆっくり冷ましましょう。

このページのトップへ